産後の抜け毛について考える女性

女性にとって、妊娠や出産は体に負担のかかる大変な仕事です。
産後も体内のホルモンバランスは目まぐるしく変化しており、体には様々な変化が起こります。
その中でも、特に多くの産後女性を悩ませているのが抜け毛です。

中には1回のシャンプーで排水溝が詰まるほど抜けてしまう人もおり、それまであまり抜け毛には縁がなかった女性でも、突如として大量に抜けてしまうことも珍しくありません。
慣れない赤ちゃんの育児で体力も気力も辛い中、抜け毛が止まらないと余計な不安を感じてしまうものです。
そんな不安を払拭するためにも、産後の抜け毛の原因や症状はいつまで続くのか、どのように対処すれば良いのかといった役立つ情報を知っておきましょう。

出産後の抜け毛が酷い!産後の抜け毛の原因とは

初めての赤ちゃんでも二人目以降でも、育児というのは女性にとって非常に大きな負担となります。
そんな産後の女性達の実に70%以上が感じているのが、産後に抜け毛の量が増えたということです。
日中は動き回っていることもあって目立たないのですが、一日の終わりにお風呂でシャンプーをすると、その量の多さに愕然とすることもあります。

なぜ産後にこのように抜け毛が増えてしまうのかと言うと、やはりホルモンバランスの影響が最も大きいです。
女性の体内にはエストロゲンとプロゲステロンの2種類のホルモンが分泌されているのですが、特にエストロゲンには髪の毛を育てて抜け毛を予防するという役目があります。
妊娠中は産毛や体毛が濃くなるという人が多いのですが、これは妊娠中にエストロゲンの分泌が活発になったことの影響です。

これは、お腹の赤ちゃんを守るために髪の毛や体毛を成長させるという、身体の本能的な機能によるものなのですが、産後はその必要もありません。
大量に分泌されていたエストロゲンは急激に役目を終えて減少し、非妊娠時の量に戻ってしまいます。
すると妊娠中に抑えられていた抜け毛が一気に進み、抜け毛の量が増えたと感じます。
決して抜け毛の量が増えたわけではなく、あくまでも妊娠中に引き留められていた髪の毛が一度に抜け落ちたというだけなので、過剰な心配は不要です。

ストレスも大きな要因

ストレスを感じる女性

ホルモンバランス以外の原因としては、ストレスも挙げられます。
いくら可愛い我が子とは言え、睡眠どころかトイレの時間すら満足に取れない育児生活は、女性にとっては多大なストレスとなります。
私たちの身体が健康に活動できるのは自律神経が全ての臓器や組織の働きをコントロールしているためなのですが、ストレスはこの自律神経にダメージを与えて正常なコントロールを阻害してしまいます。

すると血管が収縮して血行が悪化してしまい、髪の毛を育てている毛母細胞へ栄養や酸素を満足に届けることができません。
こうなると髪の毛が弱々しくなったり十分に成長することができず、すぐに抜け落ちてしまいます。

抜け毛が増えて薄毛になると大きなショックを受ける人も多いですが、それがストレスとなって更に抜け毛を招くという悪循環にも陥りかねません。
できるだけストレスを軽減して自律神経を改善するために、夫婦で協力して休息できる時間を増やしたり、家事の手を抜くなどして少しでも楽に過ごせるように工夫しましょう。

無理なダイエットには注意

体重計に乗る女性

妊娠中に激増した体重を早く元に戻そうとして、無理なダイエットをしてしまうことも大きな原因の一つです。
特に母乳育児をしている場合、母乳を作り出すために身体はフル稼働してエネルギーや栄養を消費しています。
ただでさえそんな状況なのに、ダイエットのせいで栄養不足が深刻化すれば頭皮や髪の毛にまで栄養を回す余裕はとてもありません。

身体は赤ちゃんのために母乳作りを最優先させるため、頭皮や髪の毛は後回しになり、栄養が届けられずにボロボロになっていきます。
こうなれば当然抜け毛は進行し、最悪の場合は母乳を作ることもできなくなります。
早すぎるダイエットは赤ちゃんの成長にも影響するので、絶対に止めましょう。

十分な睡眠も大切

しっかりと睡眠をとる女性

この他、睡眠不足も原因になっています。
髪の毛が生えるために欠かせない毛母細胞の分裂や成長は夜間の睡眠中なのですが、育児によって睡眠不足に陥ると成長ホルモンが分泌されず、髪の毛が十分に育ちません。
髪の毛はどんどんやせ細り、例え抜けていなくても全体的に薄毛になってしまいます。

成長ホルモンが盛んに分泌されるのは、22時から午前2時までの間です。
実際に育児をしているとなかなかこの時間帯に眠るのは難しいですが、他の時間帯でも眠りさえすれば成長ホルモンは分泌されます。
22時から2時と比べると分泌量は劣りますが、できるだけ時間を見つけて睡眠を摂るようにしましょう。

抜け毛のピークは?いつからいつまで続くの?

産後には抜け毛が増える女性がほとんどですが、永遠に抜け続けるわけではありません。
一定期間でピークを迎えた後は、次第にホルモンバランスなどが落ち着くことで抜け毛も減っていきます。
薄毛になっていた女性も元通りにまた生えてくる可能性は十分にあるので、過剰に心配しないようにしましょう。

私たちの髪の毛は、2年から6年ほどかけて髪の毛が生える成長期、2週間から3週間ほどの髪の毛が抜ける退行期、次の髪の毛を生やすまで2ヶ月から3ヶ月細胞が眠る休止期というサイクルを繰り返しています。
このヘアサイクルがスムーズに進行することが、常に一定量の髪の毛が頭皮に存在している秘訣です。
しかし、産後になると体内の女性ホルモンが急激に減少し、それまで抑えられていた退行期が一気に訪れて多くの髪の毛が同時に休止期に入ってしまいます。

髪の毛は毎日ある程度抜け落ちているのですが、妊娠中は女性ホルモンが抜け毛を抑えているため、本来抜けるはずだった分も頭皮に残り続けます。
これが毎日繰り返されるので、出産を迎える頃には大量の抜け毛予備軍が出来ている状態です。
産後になると抜けるはずだった髪の毛がみるみる抜けていくため、一時的に髪の毛の総量が少なくなって薄毛になります。

一度抜けた髪の毛は長ければ3ヶ月間は生えてこないため、3ヶ月目まではひたすら抜け続けることになります。
このため、抜け毛のピークとしては産後2ヶ月目から3ヶ月目という人が多いです。
この期間に抜ける量が多くなるわけではなく、妊娠中に抜けるはずだった分がほぼ抜け終わり、抜け毛が目立たなくなるということです。
もちろんその後に新しく退行期を迎える髪の毛もあるので、抜け毛がゼロになることはありません。

髪の毛が抜けて何も生えてこない休止期は、約2ヶ月から3ヶ月経てば終わるので過剰な心配は不要です。
ヘアサイクルが完全に元通りになれば、全体量も出産前に戻っていきます。
このようなメカニズムで産後の抜け毛は起きており、産後すぐから約半年までは抜ける量の方が多くなります。

ヘアサイクルは女性ホルモンに左右される部分も多いのですが、ホルモンバランスは女性一人一人異なります。
このため抜け毛の進行具合や量も個人差が大きく、人によっては3ヶ月よりも後でピークがやって来ることもあります。
ピークが産後3ヶ月目というのは、あくまでも平均的な話として覚えておいてください。
特に抜け始める時期にはバラつきも多く、産後すぐよりも疲れやストレスが溜まってくる1ヶ月や2ヶ月目から目立ち始めるという人も多いです。

元の状態に戻るには長い期間が必要

いつまで抜け毛が続くのかも気になるところですが、ほとんどの女性で産後約半年経過すれば落ち着くことが多いです。
この頃になると妊娠前のホルモンバランスに落ち着くため、髪の毛も正常なヘアサイクルに戻ります。
ただ、髪の毛が一日に伸びるスピードはわずか0.3ミリから0.4ミリほどしかないため、十分に生え揃うまでには1年ほどの期間がかかってしまいます。

出産前の状態に戻るまでには長い期間が必要になるので、少なくとも産後1年間は薄毛になっても当然のことと開き直り、あまり悩み過ぎないようにしましょう。
仮に1年以上が経過しても薄毛がなかなか改善しない場合は、単なるホルモンバランスの影響ではない可能性があります。
他に原因があると考えられるので、気になる場合は一度婦人科で相談してみてください。

女性にとって髪の毛は大切な存在で、抜け毛が増えたり薄毛になると精神的なダメージが大きくなります。
少しでもストレスを避けるために、髪の毛を短くカットするというのも一つの方法です。
また、ホルモンバランスによる抜け毛は防ぎようがありませんが、それ以外が原因になっている場合は予防対策を行えば改善できることもあります。
どうしても薄毛が嫌だという場合は、抜け毛対策も積極的に行うようにしましょう。

産後抜け毛専用の育毛剤やシャンプーを使ってみよう

産後はどんな女性でも、ホルモンバランスやストレスなどの影響で抜け毛が増えてしまいます。
決して身体に悪いことではないのですが、女性としてはやはり気持ちの良いものではありません。
何とか抜け毛を減らしたいという場合は、産後の抜け毛専用のシャンプーや育毛剤などを使ってみるのもお勧めです。

産後に抜け毛が増えてしまうのは、頭皮の環境が悪化して髪の毛を維持したり成長させる力が弱まってしまうのが直接の原因です。
このため、頭皮に栄養を与えて環境を整え、髪の毛そのものも強くする効果のあるシャンプーや育毛剤を使う必要があります。

ただ、産後や授乳中であることを考えると、体に優しく赤ちゃんに影響の出ない商品を選ぶことが大切です。
授乳中は母乳を介して赤ちゃんに成分が移行してしまうこともあるので、授乳中でも問題ない無添加や天然由来成分のものを選びましょう。
それでいて、頭皮にたっぷりと栄養を与えられるか、環境改善や発毛効果を持つ成分が含まれているかなどもチェックします。

頭皮にダメージを与えると抜け毛を促進してしまうため、低刺激タイプを選ぶことも重要です。
産後はまだ身体もデリケートな状態にあるため、洗浄力の強いタイプや刺激の強い成分は逆効果になってしまいます。
オーガニックや弱酸性の肌に優しいタイプが最適なので、購入前に必ず裏面の成分表を確認するようにしましょう。

シャンプーでお勧めなのは、アミノ酸シャンプーです。
洗浄力が低いため皮脂を落としすぎることがなく、頭皮環境を保護して薄毛や抜け毛などに高い効果があります。
石油系の界面活性剤を使用していないシャンプーも、肌への刺激を抑えることができるので産後の敏感な肌に適しています。
界面活性剤は成分表に記載されていないことが多いので、メーカーのホームページで調べるか問い合わせておくと安心です。

頭皮保護以外にも、日々の育児の疲れを癒してくれるアロマやリラックス成分を配合した産後用シャンプーもあります。
リラックスすることでストレスを軽減し、抜け毛を予防することができるので試してみると良いでしょう。

シャンプーの仕方にもポイントがあり、ゴシゴシと力を込めて洗うのは厳禁です。
頭皮にダメージを与えると抜け毛が増えてしまうので、まるでマッサージをするように優しくゆっくりと行います。
それだけでも十分に汚れは落ちているので、不要な力は入れないようにしましょう。
また、シャンプーの中には頭皮に潤いを与える成分も含まれているので、洗い終わった後はすぐに流さず、リンスのように数分馴染ませておくことをお勧めします。

育毛剤も継続して使うことが大事

シャンプー以上に薄毛の改善に重要なのは、育毛剤です。
シャンプーが抜け毛を予防するものだとすれば、育毛剤は新しい髪の毛の成長をサポートするものです。
頭皮に栄養を直接補給するだけでなく、血行を促進する成分が配合されているため、血液を通して酸素や栄養が毛母細胞にしっかりと届きます。

毎日使用することで少しずつ頭皮環境を改善でき、やがて力強く寿命の長い髪の毛を生やすことができます。
血行は健康な頭皮と髪の毛には必要不可欠なポイントなので、同時に頭皮マッサージを行うとより効果がアップします。

シャンプーも育毛剤も非常に心強い存在ですが、使ってすぐに効果を得られるものではありません。
頭皮の状態を改善したり髪の毛を生やすためには、長い期間が必要になります。
数ヶ月から半年ほど使い続けてやっと効果が感じられるものなので、根気強く続けることが大切です。

産後すぐから使い始めることで、抜け毛のピークを分散させたり遅らせることもできます。
抜け毛が目立ち始める前に使うことで精神的なストレスを緩和させることもできるので、出産前から準備しておくと安心です。
それと同時に睡眠不足など生活習慣の改善も心がけ、総合的にケアしていけるようにしましょう。