個人輸入代行でしか買えないヘアフォーユー

男性ホルモンの影響により、比較的若い世代でも発症する脱毛症が、AGAと呼ばれるものです。
AGAを発症した場合には、進行を抑えるという事が必要となります。
AGA治療薬はいくつかのタイプがありますが、ミノキシジル・アミネキシルが主成分のAGA治療薬が「ヘアフォーユー」です。
これまでのAGA治療薬は内服薬でしたが、ヘアフォーユーは頭皮に塗布するタイプです。

ヘアフォーユーは内服薬が苦手、なんらかの事情でこれまでの内服薬を使用することが出来ないという人におすすめの育毛剤であるといえるでしょう。
ヘアフォーユーの成分であるミノキシジルは高い発毛効果を期待することが出来ますし、アミネキシルは毛髪活性化作用を期待することが出来ます。
それらの成分の相互作用によって、脱毛予防効果を期待することが出来ます。

ヘアフォーユーは臨床試験でも高い実績を残しており、数ヶ月間使用した人の25%で発毛効果が見られました。
ヘアフォーユーの成分濃度にもよりますが、高い濃度の製品では半数以上の人で頭頂部の脱毛改善効果を期待することが出来たともされています。

ヘアフォーユーの使用方法は、1日2回、頭皮に塗布するというものです。
1回使用した後、次回使用するまでは最低でも8時間以上は間隔を空ける必要がります。
正しい方法で使用するということが安全に、ヘアフォーユーの効果を得るということでしょう。
また、継続して使用するという事も発毛・脱毛予防効果を得るために大切になります。

ヘアフォーユーは医薬品ですので、ドラッグストアなどで市販されているわけではありません。
そもそも、ヘアフォーユーは厚生労働省が承認していない未認可の医薬品ですので、病院でも手に入れることは難しい育毛剤なのです。
日本国内では未認可のものですが、海外では多くの国や地域で認められている育毛剤ですので、使用方法さえ間違わなければ、安心して使用することが出来るでしょう。
向精神薬・麻薬指定もありません。

市販されていないので、個人輸入代行サイトから買おう

ヘアフォーユーは市販されていませんので、手に入れたいという場合には、個人輸入代行業者の利用をおすすめします。
個人輸入代行業者を利用するとなると、不安もあるかもしれませんが、多くの業者は日本語に対応していますので、通販サイトと同じような感覚で利用することが出来ます。

ただし、注意しなければならないのは、個人輸入代行業者を利用してヘアフォーユーを購入する時には、一度の購入量に制限があるということです。
1回の輸入で60mlまでであれば購入することが出来ると決められています。
60mlというと、正しい方法で使用した場合には、30日分の使用量にあたります。
つまり、約1ヶ月分の購入であれば、厚生労働省への届け出をする必要もなく、違法性もない状態で購入することが出来るということです。

営業目的ではなく、あくまでも個人で使用することを目的としているということの届け出をしているという場合であれば、約1ヶ月分以上の量でも輸入することが出来ます。
ヘアフォーユーは含まれている成分の量がいくつかのタイプがあります。
購入する際には、それぞれの特徴をしっかりと知り、購入するようにしましょう。

通販感覚で気軽に利用することが出来るとは言え、扱っているのは医薬品です。
サプリメントとは異なり、間違った使用法・用量で使用してしまうと、健康を害する可能性があります。
使用前には使用方法を確認し、万が一、体に異変を感じた場合には、早急に使用を中止し、医療機関に相談をするようにしましょう。
医療機関を訪れる際には、使用していた製品を持参すると、治療に役立つ可能性があります。

日常的に医薬品を服用しているという場合には、ヘアフォーユーを使用することで何らかの影響がある可能性がありますので、使用をする前にかかりつけの医師に使用を確認すると安心でしょう。