FAGAの女性が使える育毛・発毛のための医薬品

「このごろ抜け毛が目立つようになってきた」とか、「若い頃に比べて髪全体のボリュームがなくなってきた」という方は、もしかしたらFAGAかもしれません。
FAGAを日本語に訳すと「女性男性型脱毛症」というややこしい名前になりますが、要するにヘアサイクルが乱れて成長期の毛根が少なくなり、髪の毛が薄くなる状態を指します。
男性のように頭頂部だけ禿げ上がるようなことはなく、頭髪の密度が小さくなり、一本一本が細くなってコシが失われるのが特徴です。

FAGAにはホルモンバランスの乱れが関係しており、閉経期の女性に多く見られますが、過剰なダイエットやピルの服用がきっかけで、若い人でも発症することがあります。
FAGAを改善するには栄養バランスの取れた食事をすることや、十分な睡眠を取ってストレスを解消することが大切です。
それでも改善しないときは、薬用の発毛・育毛剤を使用するのがひとつの方法です。
医薬品に指定されている育毛剤なら、一般的なシャンプーや化粧品よりも強い作用を期待できます。

発毛・育毛のための医薬品として、真っ先に名前が挙げられるのはプロペシアでしょう。
しかしプロペシアは基本的に男性限定の発毛剤で、女性が服用することはできません。
男性のAGAと女性のFAGAとでは、そもそも治療方法が異なります。
プロペシアの主成分であるフィナステリドは、男性ホルモンに影響を与える薬なので、ホルモンバランスの乱れた女性が服用すると、さらにバランスを崩してしまい、思わぬ副作用を生じることがあります。

とりわけ妊娠中の女性は、プロペシアを絶対に使用してはいけません。
フィナステリドが胎盤を通して胎児に取り込まれると、生殖器の正常な発育が妨げられ、奇形を起こす恐れがあります。
そのほかにも薬の働きが女性には強すぎて、さまざまな問題を起こす場合があります。
男性限定の発毛・育毛剤を女性が使用するのは、危険性が高いということを覚えておいてください。

女性は女性用の濃度に調整されたミノキシジルを

同じ医薬品の成分でもミノキシジルはホルモンに影響を与えないため、FAGAの女性でも使用することができます。
ミノキシジルは血管を拡張して頭皮の血行を促進すると言われており、外用薬と内服薬があります。
このうち内服薬は頭皮だけでなく全身に作用するため、脇毛や陰毛なども濃くなってしまうとされていて、女性にはお勧めできません。
女性が使用するなら、頭皮に直接塗るタイプの外用薬が向いています。

外用薬なら塗った部分だけに作用するので、副作用も比較的小さくなります。
ミノキシジルの副作用の大部分は、頭皮の痒みや発疹といった皮膚のトラブルです。
使用をやめれば収まってくるため、フィナステリドのような大きな副作用を心配することはありません。
ただし薬に対するアレルギーを持っている方や敏感肌の方は、様子を見ながら慎重に使用してください。

フィナステリドの入った育毛剤を購入するには、原則として医師の処方が必要です。
これに対してミノキシジルが配合された育毛剤は、一般の薬局で購入することができます。
日本のメーカーが発売している有名な商品としては、リアップが挙げられます。
ミノキシジルの含有量は商品によって異なり、2%のものや5%のものがあります。

含有量は多ければ多いほど効きそうに思えますが、必ずしもそうではありません。
特に女性が男性用に調節された強い作用の薬を利用すると、デメリットのほうが大きくなってしまう可能性があります。
リアップには女性用に調節された濃度2%の商品もあるので、これを選択するのが賢い方法と言えるでしょう。
FAGAは女性特有の現象ですから、男性用の医薬品を使用せず女性用の医薬品で対処することが大切です。