FAGA簡単セルフチェック

女性が薄毛や抜け毛が気になってきたときには、FAGAの可能性もあります。
髪はいったん薄くなってしまうと治療を受けても回復するのに時間がかかります。
セルフチェックをして気になるときには病院を受診するなど早めの対策をとるとよいです。

FAGAになるのは40歳前後、更年期が気になる年代の女性に多く、若い方がなってしまうケースはまれです。
なぜなら女性ホルモンが減少することによってホルモンバランスが崩れ、それが原因になって起きる薄毛だからです。
男性のAGAとは違って、全体に薄毛が進行していきます。
最初は抜け毛が増えたり、分け目が広くなってくるなどの変化があります。

FAGAになると休止期の髪が増えてきます。そのため抜け毛が増えてきます。
その抜け毛は全体に起きてくるため、特定の場所が薄くなってしまうわけではありません。
そのため、自分では気付きにくいという特徴があります。抜け毛が増えてきたときには、注意が必要です。

髪の問題にはホルモンバランスだけでなく、生活習慣も関係しています。
そのため、栄養バランスの悪い食事や運動不足、睡眠不足、過激なダイエット、などの生活習慣の乱れがあり、さらにホルモンバランスが崩れている状態にあると進行が早くなってしまいます。
ストレスもよくありません。
そのため、生活習慣が乱れていたり、ストレスが溜まっている状態で抜け毛が増えてきた、薄毛が気になるという方はFAGAのリスクが高くなっています。

血行不良も薄毛の原因になります。ストレスや深酒、喫煙などは血行不良の原因になりますので注意が必要です。
家族のなかに薄毛の方がいるときにもリスクは高くなります。
女性の薄毛にも遺伝の影響がありますので、家族のなかに薄毛の方がいらっしゃる場合には、FAGAの可能性が高くなります。

家族に薄毛の方がいる、抜け毛が増えた・分け目が広くなってきた、40歳以上である、生活習慣が乱れている、喫煙する、お酒の量が多い、過激なダイエットをしている、といったポイントをチェックしてみて気になるときには適切な対応をしましょう。

FAGAは何科を受診すればいいの?

FAGAが気になるときには、病院を受診してみるとよいです。
しかし、FAGAでは何科を受診すればよいのか分からないという方もいらっしゃいます。
FAGAは何科を受診すればよいのかというと、皮膚科や婦人科などになります。
薄毛になった原因がFAGAかどうかを診断して貰うことが必要ですから、まずは皮膚科や婦人科を受診しましょう。

体に他のトラブルはなく、FAGAの治療を受けたいというときには、薄毛専門のクリニックを受診するという方法もあります。
女性の抜け毛専門のクリニックであれば、FAGAかどうかの診断も受けられますし、適切な治療も受けることができます。
男性のAGAと女性のFAGAは治療法に違いがありますので、女性専門のところを受診したほうが安心です。

専門のクリニックを受診すれば、効果な治療が受けられます。
しかし、保険適用外の治療であるため、費用のことが気になります。
また他の体調不良があるときには、別の病気である心配があります。
そのため、いきなり頭髪専門のクリニックを受診するよりも、皮膚科や婦人科、内科などで原因をはっきりさせてからのほうが安心です。

FAGAには女性ホルモンが関係しているため、まずは婦人科で相談してみるというのもおすすめです。
薄毛は病気ではありませんのでどこでも治療が受けられるというわけではありません。
しかし、ホルモンバランスが乱れているなど、健康上の問題があれば、病院で相談することができます。

抜け毛や薄毛のみが気になるのなら皮膚科、ほかにも気になる症状があるのなら内科や婦人科で相談してみましょう。
そしてFAGAであると診断されたら、効果的な治療が受けられる専門の医療機関を探すとよいです。